風にゆられたキロクとキオク

2020.08.22-30 11:00 – 19:30 浜松市鴨江アートセンター104号室

2020年度浜松市鴨江アートセンター制作場所提供事業 アーティスト・イン・レジデンス

主催:浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)

風にゆられたキロクとキオク – If you ride the wind in Hamamatsu 2020 May – August –

Documentary Camera & Edit : Yasunori Ikeda

この作品は、私自身が2020年4月下旬から8月下旬にかけて浜松市内53カ所で録音・記録した音声を使って制作しています。

当時、新型コロナウイルス感染拡大により、人びとの行動が制限されはじめた時期で、私は自宅マンションの窓から聴こえてくる音を録音していました。遠くから届く、輪郭のはっきりしない、何かがさまざまに動いている“淡い音”。この淡い音をスピーカーで聴いていると、録音した過去の音なのか、外から聴こえてくる現在の音なのか、よくわからない曖昧な感覚になりました。

これまで私は、はっきりとした輪郭のある音を“良し”と考えていたため、この新たな体験に戸惑いつつも、とても貴重な瞬間に立ち会っている感覚を得ました。

サウンドインスタレーションでは、展示空間内に複数のスピーカーを設置し、市内で録音した音声を流しています。会場内に流れる録音した音声の上に、周囲から届く現在の音が幾重にも重なっていきます。名前の付けられない淡い音と現実の音が重なることで、過去と現在を曖昧にし、鑑賞者は新たな音の時間、風景を創造していきます。

本作品は、「音の日記」のようであり、音の風景(サウンドスケープ)のようでもあり、音で紡ぐ映像のない架空の物語のような作品です。 このサウンドインスタレーション音声が鑑賞者が持つリアルで濃密な風景を顕にし、鑑賞者ごとの記憶をもとに、それぞれの新しい物語と記録を創っていきます。

この作品は、空間内に設置された5つの作品からなるインスタレーション作品となる。

会場図面